【カフェ英語】これだけ覚えれば接客できるカフェの簡単英会話

小さなカフェの開業・経営をアトオシするカフェナレッジです。訪日観光客の勢いがとどまるところをしらないですね。今回は、カフェで外国人を接客するうえで、これだけ覚えればなんとかなるカンタン英会話をまとめました。英語が苦手な人でも暗記すれば何とかなりますので安心してください。

カフェ英語

言語は英語だけでいいの?

はじめに、訪日観光客に来店して貰うにあたって、言語対応は英語だけでいいの?中国語や韓国語などは必要ないの?と思う人もいるかもしれません。しかし、基本的に英語を抑えておけばOKです。外国人相手に2年間ほどインバンドのビジネスをしていた私が断言します。

今は、アジア圏の人でも簡単な英語であれば話せる人がほとんどです(年配や田舎出身の人を除く)。逆に、海外では日本人が英語を苦手なことは有名で、私が英語を話していると日本人なのに珍しいねと言われます(苦笑)。

このように幸か不幸か、相手も日本人に完璧な英語を期待していないので、ハードルが低いと思って気軽に英語を話しましょう。

MEMO

たとえば福岡は韓国からの観光客がとても多いエリアです。こういう場合は、余裕があれば英語だけでなく韓国語も片言(カムサハムニダ(ありがとう)とか)で良いのでチャレンジしたら喜ばれると思います。特に韓国語は発音が日本語と似ているので、覚えるのは楽です。また「無料」「乾杯」とか、ほぼ同じ発音で同じ意味の単語があるので、それを言うとウケます。

カフェの接客に使える英会話

カフェの接客で使う英語をまとめました。海外のカフェで実際に私が受けている接客もこのようなものなので安心してください。

「接待」ならともかく「接客」で使う英語はほとんど限られています。私は、インバンドのビジネスをはじめる時は英語が不安だったのですが、一定のパターンがあるので、まずはそれらを覚えて、あとはイレギュラーなフレーズを適宜アップデートすればなんとかなりました。最悪、翻訳アプリです。

それではシーンごとに説明していきます。それぞれ同じ意味でも違った言い回し、丁寧な言い方は数多とありますが、私は正しく伝えることを第一にこれぐらいシンプルでいいと思っています。

海外では「お客様は神様です」という概念はなく、お店とお客はあくまで対等な関係です。過度に言葉遣いに神経質になるより、意思疎通ができることをゴールにしましょう。

入店時

こんにちは。いらっしゃいませ。2名ですか?
→Hi. Welcome. Table for two?

何名ですか?
→For how many people?

(指さして)こちらの席にお座りください。
→Please have a seat.

(先導して)こちらにどうぞ。
→This way, please./Follow me please.

すみません。ただいま満席です。
→I’m sorry. We are full now.

客:何時に閉まりますか?
→What time do you close?
カフェ:10時に閉まります。
→We close at 10 PM.
※英語ではお店やスタッフのことを意味して、youやweを使うことがあります。

客:ここに無料Wifiありますか?
→Do you have free wifi here?
カフェ:はい、あります。
→Yes, we have.

メニューを渡す時

メニューです。
→Here is your menu.

決まったら呼んでください。
→Please call me when you are ready to order.

MEMO

必ず英語で書かれているメニュー表を準備しましょう。ドリンク類はともかくフード類はできる限り写真を載せた方がいいです。写真がないとお客さんがイメージできないので、英語での質問があって自分を苦しめるだけです。メニューには番号をつけると注文を取る時に、お互い便利です。あと、フリーwifiがあるならパスワードを記載しておくとよいでしょう。

注文時

(呼ばれた時)ただいまお伺いします。
→I’ll be there in a moment.

ご注文はお決まりですか?
→May I take your order?

(注文が決まっていなかった時)オーケー。ごゆっくりどうぞ。
→OK. Take your time.

客:生姜焼きをお願いします。
→I’d like the Shougayaki./Can I have the Shougayaki?/I’ll have the Shougayaki?
カフェ:セットですか?それとも生姜焼き単品ですか?
→Set meal or just the Shougayaki?
客:セットでお願いします。
→Set meal please.
カフェ:飲み物は何にしますか?
→What would you like to drink?
カフェ:お飲み物は、こちらの3種類からお選びください
→Please select/choose your drink from these 3 kinds.

客:おすすめは何ですか?
→What do you recommend?/Do you have any recommendations?
カフェ:(メニューを指して)こちらがおすすめです。
→I recommend this one.
カフェ:泡盛はどうですか?
→How about the Awamori?

コーヒーはホットとアイスどちらにしますか?
→Hot coffee? or Iced coffee?

砂糖、ミルクはご利用ですか?
→Do you need sugar and milk?

ドリンク/デザートはいかがですか?
→ Would you like something to drink?/for dessert?

(メニューを指しながら)こちらでよろしいですか?
→Is this all right?

申し訳ございません、そちらは売り切れです。
→I’m sorry, this is unavailable.

他にご注文はありませんか?
→Anything else?

ご注文は以上でしょうか?
→Is that all?

ご注文を確認いたします。
→Let me confirm your order.

ご注文は、オレンジジュースが1つとパンケーキが2つです。以上であっていますか?
→That’s one orange juice and two pancakes. Is that right?

かしこまりました。
→Certainly./Sure.

もう一度言ってもらえますか?
→Sorry again./Pardon me.

食事の提供時

お待たせいたしました。
→Thank you for waiting.

ごゆっくりどうぞ。
→Please enjoy your meal.

ご注文の品は全てお揃いですか?
→Will that be everything?/Have you received everything?

飲食中

彼らが求めているのは現地人との触れ合いです。加えて、観光雑誌に載っていないようなローカル情報を伝えると大変喜んで貰えます。

カフェ:食事はどうですか?
→How is your meal?
客:とても美味しいです。
→It’s really good.

カフェ:日本楽しんでいますか?
→Are you enjoying your time here in Japan?
客:ええ、楽しんでいますよ。
→Yes, I am.

カフェ:どちらから来られたのですか?
→Where are you from?
客:台北からです。台灣に行ったことはありますか?
→We are from Taipei. Have you been to Taiwan?
カフェ:いいえ。でもいつか行ってみたいです。
→No. But I want to go there someday.

カフェ:何日、滞在する予定ですか?
→How long are you planning to stay?
客:あと3日、滞在する予定です。
→I will be staying for three more days.
カフェ:地元の人がよく行く日本食屋のリストです。時間があったら、ぜひ一つ訪れてみてください。
→Here is the list of Japanese restaurants where locals often go. When you have time, please visit one of them.

注意

韓国人は見た目から判断できると思いますが、中華系の人は台灣人なのか、香港人なのか、はたまた中国人なのか分からない時があります。だからといって、その時に台湾人ですか中国人ですか?と聞くのはご法度です。台湾人と香港人は、中国人と言われるのを嫌う人もいるからです。●●人ですか?ではなく、どこから来たのですか?と必ず聞きましょう。

会計時出店時

会計はこちらでお願いします。
→Please pay here.

お会計はご一緒ですか?別々ですか?
→Would you like to pay together or separate?

1,000円になります。
→That’s 1,000 yen.

お釣りになります。
→Here is your change.

客:カードで支払えますか?
→Can I pay by credit card?
カフェ:すみません。現金でお願いします。
→I’m sorry, we do not accept credit cards./we only accept cash.

暗証番号を入力してください。
→Please input your PIN code.

ここにサインをお願いします。
→Please sign here.

すみませんが、取り引きが拒否されました。
→I’m sorry but your transaction has been declined.

ありがとうございました。旅行を楽しんでください。
→Thank you. Enjoy your trip.

編集後記

異国の地で現地人から話しかけられることは、たとえカフェの店員であってもとっても嬉しいことです。「日本にようこそ」「遠路はるばるありがとう」「日本楽しんでる?困ったことない?」といった気持ちで接しましょう。それが片言の英語だったとしても必ず思いは伝わりますよ!最後に、私の意見として「いらっしゃいませ」と「ありがとうございます」ぐらいは知っていると思いますし、日本を感じてもらうために、これらは日本語で言うのもありだと思います。色んな国の人との会話を楽しんでください。