カフェの営業は定休か不定休か。家族との時間が大切か。

オーラ!小さなカフェを開業・経営する方を応援する「カフェナレッジ」のエスカーニョです。いよいよカフェをオープンするころになると、カフェの営業を定休にするか不定休にするか悩むかもしれません。

カフェオープン

日本人は時間に厳しい

「定休」にするか「不定休」にするか。これに関して答えは簡単です。「定休」の一択です。もちろん、不定休が絶対駄目だというつもりはありません。不定休の店には不定休でもOKのお客さんがつきます。私もその一人です。「あー今日は休みか~。うんじゃあ、どこ行こうかな~。るん♪」って感じです。最後の「るん♪」はちょっと気持ちわるかったですね。

話を戻します。日本において私みたいな緩い人は少数派です。定刻通りに電車やバスが来る環境に慣れている日本人の多くは、今日開いているか開いてないのか分からないお店より、はっきり開いていると分かるお店に流れます。

電話で問合せしてくれたら良いのにと思うかもしれません。しかし、不定休の多くのカフェオーナーに聞いてみても、お客さんから店が開いているかといった電話を貰うことはほとんどないようです。お客さんは電話を掛けるという行為を遠慮したり、一手間を嫌うのです。

何曜日を休みにするか?

では、何曜日を休みにしたら良いのでしょうか?これは、オープンする周りの飲食店を参考にしても良いですが、できればはじめの数ヶ月間は休みなしで営業して、客足の傾向が分かってから決めて欲しいです。自分がオーナーの場合は、いくら働いても労基にはひっかりませんし、そのぐらいのガッツがあった方が良いかと思います。

それでも家族が一番大事

もしあなたに家族がいる場合は、家族との時間もできるかぎり考慮した定休日や営業時間にして良いと思います。カフェの売上を上げないと、家族を養っていけないではないか!という反論があるかもしれません。しかし家族との関係が良好であってこそ、長く店の営業ができます。売上はあるけど、パートナーとの関係が崩壊して、店を閉じた、離婚したという話は陰で山のようにあります。。。。とっても大事なことなので、家族がいる場合はよくよく相談して決めてくださいね。

◎ワンコインでカフェ開業相談知恵袋はじめました

スポンサーリンク