カフェのレジなら無料で使えるPOSレジがおすすめ

小さなカフェの開業・経営をアトオシするカフェナレッジです。今日はカフェのレジに関する記事です。会計・経理の時間短縮、売上分析の容易さなどから、POSレジを導入するカフェが増えています。

レジ

POSレジとは

POSレジとは、金額を手打ちしてお客さんの会計だけを行う従来のレジスターと違い、商品(料理やドリンク)の販売記録を集計分析する機能や在庫管理機能、顧客管理機能などを有しているインターネットにつながった次世代型レジのことです。

インターネットに繋がっているので、外からでもスマホでリアルタイムの売上が分かりますし、POSレジの本体(iPadなど)をわざわざ自宅に持ち帰らないでも、自宅のPCで売上分析などができます。

POSレジには、「パソコン型」「ターミナル型」「タブレット型」があります。今回はデザイン性や価格の面などから、飲食店での導入が増えている「タブレット型」のPOSレジについてお伝えします。

タブレット型POSレジは、iPadなどのタブレットにアプリをインストールするだけで簡単に利用できます(キャッシュドロアなどの周辺機器は必要です)。

「POSレジで売上分析などができる!」と言われても分かりづらいと思うので、百聞は一見に如かず。一度、リクルートが運営するPOSレジの「Airレジ」の説明動画(約1分30分)を観てみてください。


カフェにPOSレジを導入すべき4つの理由

会計・経理業務の時間を短縮できる

POSレジに、商品(料理やドリンク)の名前と料金をあらかじめ登録しておくので、レジ担当者による金額の入力が不要となり、会計時間の短縮ができます。カフェの営業後のレジ閉めも、基本的にキャッシュドロアの現金と合わせるだけです。

さらに、主要な会社のPOSレジは、在庫管理機能を有し、クラウド会計ソフトとも同期ができるので、カフェの会計・経理業務全般の大幅な時間短縮がはかれます。

カフェの売上データを収集・分析できる

POSレジは、売上データを収集(記録)するだけでなく、数タッチで月別、日別、時間別、商品別の売上、客数、客単価などの分析ができます。

たとえば「売上に貢献している商品を広告で押して、その逆の商品をメニューから外したり価格を変更する」など、分析結果を用いて、メニューや価格の見直し、訴求力のある広告の作成などが可能となります。

レジ担当者の誤入力や不正を防止できる

上述したとおり、POSレジに、料理やドリンクの料金をあらかじめ登録しておくので、レジ担当者の打ち間違いによる計算ミスが発生しません。

料金を覚える必要がないので、慣れないスタッフでもスムーズにレジ対応を行うことができます。また、POSレジには、レジ担当者の履歴が残るので、レジ対応による不正防止に役立ちます。

カフェの顧客満足度の向上をはかれる

主要なPOSレジは、クレジットカード決済や電子マネー決済など現金以外の支払サービスや、カフェの予約管理サービスとの連携が可能です。

顧客管理機能も有しているので、お客さんと話した内容や嗜好を記録しておけば、顧客満足度の向上に役立ちます。

3大タブレット型POSレジの比較

3大タブレット型POSレジの「エアレジ(Airレジ)」「スマレジ」「ユビレジ(Ubiregi)」について比較します。

利用料と連携可能サービスなど

下表のとおり、さすがにどれも人気のあるPOSレジとあって、決済サービスやポイントサービス、クラウド会計ソフトなどとの連携が充実しています。

大きな違いとしては、エアレジのみ、1)利用料が無料、2)iOS(iPad)だけでなくアンドロイド機種にも対応、3)Alipay(支付宝/アリペイ)対応のモバイル決済サービスと連携可能、4)無料で予約管理システムと連携可能、となっています。

中国からの訪日観光客を視野に入れている場合は、Alipay(支付宝/アリペイ)対応は必須です。

対応機種や利用料などの比較

POSレジ 運用会社 対応機種 利用料(税抜) サポート
エアレジ 株式会社リクルートライフスタイル iOS
アンドロイド
無料 ‣メール
‣チャット
スマレジ 株式会社スマレジ iOS 4,000円/月~ ‣メール
‣電話
ユビレジ 株式会社ユビレジ iOS 5,600円/月~ ‣メール
‣電話

※「スマレジ」「ユビレジ」の無料プランは、機能制限があり実用向けではないので表中には掲載していません。

連携可能サービスの比較

POS
レジ
決済サービス ポイント
サービス
予約管理
システム
クラウド
会計ソフト
エアレジ ‣Airペイ
‣モバイル決済
for Airレジ(アリペイ、LINEペイ、d払い)
‣Square
‣Tポイント
‣Ponta
‣WAONPOINT
レストランボード(無料) ‣Free
‣弥生シリーズ
‣MFクラウド会計・確定申告
‣TKC FXシリーズ
スマレジ ‣Square
‣Coiney
‣楽天ペイ
‣スマレジPAYMENT
‣Payment Meister
‣店舗独自のポイントカード
‣dodoポイント
トレタ ‣Free
‣弥生シリーズ
‣MFクラウド会計・確定申告
‣TKC FXシリーズ
ユビレジ ‣Square
‣Coiney
‣楽天ペイ
‣食べログPay
‣GMO Pallet
‣楽天ポイント トレタ ‣Free
‣弥生シリーズ
‣MFクラウド会計・確定申告
‣TKC FXシリーズ

※決済サービスは利用分に応じた決済手数料が数%発生します。
※ポイントサービスは、月額利用料とポイント分に応じたシステム利用料が発生します。
※予約管理システムのトレタは、月額利用料が発生します。
※クラウド会計ソフトは月額利用料が発生します。

周辺機器など

POSレジのアプリをインストールするタブレッドに加えて、導入時には周辺機器(キャッシュドロア&プリンター、カードリーダー&プリンター(カード決済用))の購入と、運用時はレシートロールの購入が必要になります。

代金は各社で差があり、たとえばプリンター内蔵キャッシュドロアの場合(税込)、エアレジは約60,000円、スマレジは約65,000円、ユビレジは約70,000円となります。全体的にエアレジの周辺機器代が安い傾向にあります。

カフェにおすすめのPOSレジ

Airレジ

ここまで読んでくれた人はもう結論が決まっているでしょうが、カフェのPOSレジは「エアレジ」が圧倒的におすすめです。理由は山ほど挙げられます(笑)

ただし、エアレジにもデメリットがあり、1つのアカウントで複数のカフェ店舗の売上データを合算して把握できません。また商品登録数は400迄です。これらの制限に支障がある場合は、スマレジかユビレジの導入をおすすめします。

  • POSレジアプリの利用料が無料で、周辺機器代が他社より安め
  • iOSだけでなく、アンドロイド機種にも対応
  • 日本で一番のシェアをほこる(2018年1月時点で333,000アカウント)
  • 唯一、中国最大手のAlipayの決済が可能
  • ホットペッパーグルメを運用しているリクルートライフスタイルが提供
  • 予約管理システムを無料で利用できる(他社の場合は「トレタ」との連携になり「トレタ」のベーシックは12,000円/月)
  • 予約管理システムがホットペッパーグルメと連携可能
  • 連携できる決済サービス(Squareを除く)や予約管理システムもリクルートライフスタイルが提供するものなので、それらをサービスの垣根なく利用できる