カフェのコンセプトが必要な理由と決め方(例文あり)

オーラ!小さなカフェの開業・経営を応援する「カフェナレッジ」のエスカーニョです。

今回はカフェのコンセプトの話です。コンセプトを決めることがとても大事だと誰もが言っています。しかし、そう言われても、いまいちピンとこない人が多いのではないでしょうか。私自身、この記事を書く上で、改めて、ネットやカフェ起業本に目を通しましたが、頭が整理されるどころか混乱してしまいました。おまけに、私の記事をパクッているブログを発見するという珍事も(笑)パクられるほど良い記事を書いたということですね。はい。どうもありがとうございます。

カフェコンセプト

そもそもコンセプトを決める必要はあるのか?

別にコンセプトを作らなくてもカフェを作ることは可能です。それにも関わらず、皆がみなカフェを起業する時にはコンセプトが大事だと言っています。そう言われると、よし!コンセプトを決めようと思うのが普通でしょう。しかし、いざコンセプトを決めようとすると、何か雲を掴むような感覚に陥いるのではないでしょうか。その理由は、なぜコンセプトを決める必要があるか?という必要性がセットで語られていないからだと、私は思います。

カフェを開業する時にコンセプトを決める理由は、自分のカフェの売りと方向性をはっきりさせるためです。出来上がったコンセプトを読んで、自分のカフェの売りと方向性が不明瞭であればもっと考えましょう。なお、天才的、感覚的に頭の中で整理できる人は、このプロセスは必要ありません。運が強い人もかな(笑)

スターバックスのコンセプトを見てみる

カフェのコンセプトというと、スターバックスの「第3の場所」が有名です。「家庭(第1の場所)でも職場(第2の場所)でもなく、顧客がリラックスできる第3の場所」という意味だそうです。スターバックスに何度も行ったことがある者として、これは本当に言い当て妙だなと思います。ただ、もし私がスターバックスに一度も行ったことがなければ、分かるような分からないような感じだと思います。けれども、行ってみたいな~という気持ちはわきますよね。

『あわてず悩まず!本質を見極める「問題解決」のきほん(翔泳社)鈴木進介』によると、「人々の心に潤いを提供したいというCEOの思い」と「ストレス社会におけるリラックスできる場所のニーズの高まり」から、このコンセプトが生まれたと書かれています。この本の中で、前者を内部環境、後者を外部環境と定義しています。

個人的な憶測ですが、個人がはじめる小さなカフェは、内部環境にウェイトを占めてコンセプトを考えがちではないでしょうか。カフェを経営していくには、外部環境も合わせてコンセプトを作ることが大事です。このためには、市場調査として出店地域のニーズを研究する必要があります。

コンセプトを決めてみる

内部環境と外部環境を整理した上でコンセプトを作ります。試しに、これからざっくりと架空のコンセプトを決めてみます。例がカフェっぽくないのは見逃してやってくださいね(笑)その分、現実に即した話ですので・・。

那覇が地元のAさんを想定:
内部環境の整理
  • なにができるのか(売りは何か):戦後の食生活に影響される前の、脂っこくない伝統的な沖縄料理が作れる
  • なぜそれがしたいのか:沖縄料理イコール脂っこいというイメージを払拭したい
外部環境の整理
  • 観光客が激増している
  • 観光客はお金払いがよい
  • 観光客向けの店は沢山ある
  • ただし夜型の店ばかりで朝食屋がほとんどない
  • 沖縄の人は夜型が多い
  • 数少ない朝食屋は高価格でも繁盛している
  • 店舗は6~8帖程度で大きくない
  • 競合店は沖縄料理を提供していない
コンセプト
沖縄の昔ながらのヘルシーな朝食料理を提供する

※コンセプトが定まることで、昔ながらの沖縄料理だからSPAMは使わないとか、どのように宣伝するとか、どのエリアに出店するとか、どういった価格帯にするとか、そういったことがおのずと決まっていきます。

編集後記

内部環境と外部環境を掛けあわせてコンセプトを作るイメージが掴めましたでしょうか。ただ、必ずしもこの決め方である必要はありません。どんな決め方であれ、結果的に自分のカフェの売りと方向性がはっきりしたコンセプトが作れればよいのです。

カフェ開業相談知恵袋はじめました

スポンサーリンク