【保存版】スムーズにカフェをオープンするためのToDoリスト

オーラ!小さなカフェを開業・経営する方を応援する「カフェナレッジ」のエスカーニョです。

前回の「カフェ開業スケジュールでは空家賃にご用心」で書いた通り、売上なく家賃だけが発生する期間が長くならないように、賃貸契約してからできる限り早く店舗工事などを済ませる必要があります。このためには、店舗を決める以前から色々と動きはじめておくことが肝要です。

カフェ開業アクションプラン

店舗を決定する前に準備しておくこと

店舗を決定する以前から準備しておくと良い項目をまとめました(詳細は別記事でアップしていきます)。これらのほとんどは、融資の申請で提出する事業計画書を作成するときに必要となる項目です。もちろん、時間がかかる店舗探しは、並行でしておきましょう!

カフェのコンセプトや名前 自分の売りや思いから開きたいカフェのコンセプトや店名を決めておく
メニュー開発 看板メニューを開発しておく。価格も決めておく。第三者の意見をもらうのも大切
イベント開発 他店などを参考に参加しイベントを幾つか開発しておく。イベントはお客さんのカフェの常連化に寄与する
チラシやショップカードなどのデザイン チラシ等に載せるコンテンツによって集客が変わる。カフェの本などで勉強をしておく
※制作するときのデザインや写真部分は外注してよい
看板のデザイン 参考になる看板があったら写真をとっておく
カフェのイメージ 参考になる、雑誌を切り取ったり、カフェがあったら撮っておく
店舗工事業者のリストアップ 一括見積もり業者を利用するのも一つ。実績、価格帯、人柄を把握しておく
什器などの購入リストを作成 厨房機器店で考えている坪数を言えば、必要な機器やその規模、数量などを教えてくれる
インテリアショップのリストアップ 好きなデザインのショップを複数見つけておく。商品の概算(金額)も把握しておく
厨房機器、空調設備、レジ等のショップのリストアップ 業者は周辺の飲食店に聞くと早い。中古業者でも良い。ネットも有効。商品の概算も把握しておく。閉める店があれば買取るのも一つ
食器店のリストアップ 食器は意外と気に入るデザインを見つけにくく早めに探す。商品の概算も把握しておく
酒店、豆店などへの見積もり請求 業者は周辺の飲食店に聞くと早い。必ず相見積をとる。知人からの紹介だと知人の割引額に合わせて貰える場合あり
食品衛生責任者の取得 1日の講習の受講で取得可能。栄養士、製菓衛生師、調理師などの保有者は不要
必要な金額を貯金 開業費と運営費を算出して必要な金額を把握し、それに向けて計画的に貯金しておく。融資担当者は計画性がある人間かを重要視している
ブログやFBページなどの開設 時間があるオープン前に使い方を習得して、はじめておく
友人・知人のメールリスト レセプションの案内メールなどを送るために整理しておく
オープンニングスタッフ 慣れるまでのオープンから数日間は、不手際がないように友人等にヘルプを頼む ※一時的ではなく常時バイトなどを雇う場合は求人のことも勉強しておく
事業計画書の下書き 借入がある場合は必須。借りる予定の金融機関の様式を入手してできる限り埋めておく。融資担当者との面談について勉強しておく

編集後記

準備の厚みが開業間際のバタバタやミスを防ぐだけでなく、開業後のスムーズな離陸につながります。あなたがあなた自身を経営者となって管理しましょう。いつまでに〇〇をする!!とFBなどで他人に公言するのも一つですよ。

カフェ開業相談知恵袋はじめました

スポンサーリンク