カフェの開業に最適な時期とたった1度しかできない宣伝

オーラ!小さなカフェを開業・経営する方を応援する「カフェナレッジ」のエスカーニョです。今回は、カフェを開業するベストな時期と、オープン前の告知についてです。

カフェ開業に最適な時期

繁盛期にオープンするのが吉

飲食店の売上は1年中一定ではありません。一般的には、ニハチとよばれ2月と8月は売上が下がる傾向があると言われています。

私が運営するカフェはそうではありませんでしたが、年間を通してみると、毎年同じような時期に繁忙期と閑散期がありました。隣の飲食店もだいだい同じような傾向のようでしたね。つまり、地域によって、祭などで人が街にでてくる時期、お財布の紐が緩む時期などがあって、それに比例してどこの飲食店もだいたい同じように売り上げが変動するのです。

何度もお伝えしているとおり、カフェを開業しても、スタバのようなチェーン店でない限り、お客さんがどんどん来るようなことはありません。とはいえ、閑散期にオープンしてしまい余計にお客さんが来ないという状態は、精神的にも金銭的にもよくありません。

できる限り幸先よくお客さんに来店して貰う。そのためには、可能であれば、その地域の飲食店の繁忙期に開業することです。自分が開業しようと思っているエリアの飲食店に通って、店員さんにそれとなく聞いてみましょう。

逆に、閑散期にオープンすることになってしまったら、開き直って、前もって大きな利益が見込めるイベントなどを詰め込んで企画しておくのも良いでしょう。

たった1回しかできないカフェの告知

カフェの経営の人生で、たった一回しかできないことがあります。それは、開業前の告知です。

内装業者の車が前にとまった工事中の店舗は、その前を通る人には結構気になるものです。そういった時に、〇月〇日にオープンするんです!というチラシを受け取ったら、行ってみようかなと思うのが人情というもの。新しいもの好きでしたら余計に(笑)この目立っているというアドバンテージを使わない手はありません。

開業してからは店内の仕事が忙しくなるので、店長自らが通行人にチラシを配れることはそうそうないですよ。よくよく顔を覚えてもらいましょう。配れない時間帯もあると思うので、チラシは、工事中の店の壁に貼ったり、立て看板などにぶら下げて持って帰れるようにしておくのも大事です。

最近は若干ありきたりになっていますが、開業までの道のりをブログやFBなどにアップするのも出だしをよくするために有効な手段です。チラシには、オープン日、カフェの名前、特長などのほかに、それらのURLを書いておきましょう。

編集後記

チラシは、手書きのコピーやワードなどで簡単に作ったもので良いと思います。私たちは、これらができなかったのでぜひ!!(笑)

◎ワンコインでカフェ開業相談知恵袋はじめました

スポンサーリンク