「おしゃれで格安のカフェ専用サイト作成代行」始めました

えっ!?まだなの?カフェの集客で必須のグーグルマイビジネス【無料】

小さなカフェの開業・経営をアトオシするカフェナレッジです。今、食べログやぐるなびといった有名グルメサイトを一網打尽にしようとしているのが、グーグルマイビジネスです。

このグーグルマイビジネスは、検索エンジンのグーグルのサービスの一つなので、「地域名+カフェ」などで検索された時に必ず上部に表示されます。無敵感が満載ですね(笑)グーグルマイビジネスへの登録(無料)は、もはやカフェのネット集客で外せないものです。

グーグルマイビジネス

グーグルマイビジネス(Google My Business)とは

みなさんグーグルエンジンやグーグルマップで、「地域名+カフェorカフェ」と検索したことがあると思います。検索すると、上図のような画面が表示されませんか?

グーグルマイビジネスに自身のカフェ情報(名前、住所、電話番号、営業時間など)を登録していると、ここに表示される権利を得ることができます。

MEMO

登録していない場合でも、グーグルが自動でカフェの情報を収集し簡易的な情報を表示させる場合があります。

見込み客が興味のあるカフェをクリックすると以下の情報が表示されます。食べログなどのグルメサイトとほとんど同じ、いやそれ以上の情報が豊富にありますね。

  • カフェの写真
  • 口コミ
  • 現在地からの距離
  • いま営業中かどうか
  • 所在地
  • 営業時間
  • 電話番号
  • 訪問数の多い時間帯
  • ウェブサイトのリンク
  • 経路案内
  • メッセージやり取り
  • お気に入り保存 
  • シェアボタン など

最近は、同じカフェでも、食べログなどのグルメサイトよりグーグルマイビジネスの方が口コミの数が多い傾向があるように感じます。これは、グーグルマイビジネスの場合は、グーグルアカウントを持っていたら誰でも簡単にレビューができるからでしょう。

参考 Google、ホテルレビュー数で世界最大のレビューサイトに 3年でシェアを拡大し世界No.1に

※最近、フォロー機能が追加されました。ユーザーが「フォロー」ボタンするだけでフォローが完成します。カフェは、フォローしたユーザーに最新情報を継続的に提供することができます。フォロワーのリストはGoogle マイビジネスのアプリから確認可能。

グーグルマップでのカフェ検索が増えている理由

グーグルエンジンで「地域名+カフェ」を検索すると、グーグルマイビジネスを除いて、ぐるなびなどのグルメサイトやお薦めのカフェ10選みたいなブログが上位表示されます。

もちろん、グルメサイトを見てカフェを決める見込み客はまだまだいます。

しかし、もはやグーグルマイビジネスで同等以上の情報が手に入りる。カフェ10選みたいなブログは、お金もらって書いているかもしれないし、ブログによっては情報が古い。そして、何よりカフェの見込み客が最も求めている情報は、まずカフェが行きやすいか場所にあるかどうかなんですね。

このため、「グーグルエンジン」で検索するより、「グーグルマップ」で検索する人が増えています。

グーグルマップで検索すればカフェの位置が視覚的に分かりますし、クリックすればグーグルマイビジネスの登録情報が見られるから、もうグーグルマップで検索するだけで十分なのです。

特に訪日観光客は、母国語での日本の情報量は少ないですし、グーグルマイビジネスの口コミは自動翻訳されるので、グーグルマップでカフェを検索する人がほとんどでしょう。

グーグルマイビジネスのインサイト(アクセス解析)機能

グーグルマイビジネスには「インサイト」という解析ツールがあり、ここで自身のカフェの分析ができます。インサイトの画面では、次の項目が確認できます。タイトルだけだと良く分からないと思うので、説明も入れておきます。

  • ユーザーがビジネスを検索する方法
    カフェの名前または住所で検索したユーザー数及び、それ以外で検索したユーザー数が分かります。
  • ビジネスの検索に使用された検索語句
    どのような検索キーワードでグーグマイビジネスが表示されたか分かります。
  • ユーザーがビジネスを検索したGoogleサービス
    グーグル検索による表示回数、グーグルマップ検索による表示回数が分かります。
  • ユーザーの反応
    グーグルマイビジネスに訪れたユーザーの1)登録されているウェブサイトへのアクセス数、2)ルート検索した回数、3)電話をかけたユーザー数などが分かります。
  • ルートのリクエスト
    どこのエリアからルート検索されたかが分かります。データが少ない場合は「データが不十分です」と表示されます。
  • 電話着信件数
    ユーザーが電話した件数が「曜日」「時間帯」ごとに分かります。
  • ビジネスが認知されている要因
    カフェがどのように認定されているか分かります(カジュアルなお店、居心地の良いお店、グループ向きなど)。
  • 混雑する時間帯
    カフェが混雑している時間帯が分かります。
  • 写真の閲覧数
    グーグマイビジネスに投稿されている写真の閲覧数が分かります。
  • 写真の枚数
    グーグマイビジネスに投稿されている写真の枚数が分かります。

ここまで読んで、カフェのオーナーとして、グーグルマイビジネスをはじめない理由がまったく見当たりませんね(笑)

グーグルマイビジネスへのカフェの登録方法

グーグルマイビジネス入力画面

グーグルマイビジネスを登録・利用するには、まず先にグーグルアカウントを取得する必要があります(Gメールを保有している人は、アカウントを持っているということになります)。

グーグルアカウントを取得したら、ここからカフェの情報をGoogleマイビジネスに登録していきましょう。大雑把には次の流れになります。

  1. マイビジネスページよりカフェの情報を登録
    流れに沿って、カフェの名前や住所、カテゴリーなどを入力します。
  2. グーグルからカフェオーナーへの確認
    なりすまし防止のためにオーナーの確認があります。「ハガキ」などで確認コードを受け取り入力します。
  3. カフェの詳細情報の入力・運用開始
    カフェの詳細情報などを入力します。後は、口コミへの返信、写真の追加、インサイトなどを確認しながら運用します。

検索結果で自身のカフェを上位表示する方法

見込み客が「地域名+カフェ」とグーグルエンジンで検索した場合、グーグルマイビジネスに登録されているカフェのうち幾つかが選ばれて上位表示されます。グーグルマップでも、地図と一緒に幾つかカフェが紹介されますがこちらも同様です。

当たり前ですが、なるべく上位表示させたいですよね。現在、グーグルが明らかにしている判定基準は2つあります。カフェ側ができることは2番目の対策ですね。

  • 現在地からの距離
  • インターネット上での情報量

グーグルマイビジネスの対策

  • 口コミには必ず返信する
  • 情報発信の更新頻度を高める
  • 全ての入力項目にカフェの情報をきちんと書く
  • 上記のうち店舗の説明文のところに、見込み客が検索する時に使うだろうキーワードを盛り込む 例:渋谷、カフェ、おしゃれ、美味しい、チーズケーキ 等

その他の対策

HPを作成する、食べログやぐるなび等のグルメサイトに情報を記載する、SNS等でお店の情報を積極的に発信する。

編集後記

味は良いけど接客が最悪なカレー店があったのですが、久しぶりに訪れたら同じ店員の態度が一変していました。その後に、グーグルマイビジネスの口コミを見たら、店員の態度が最悪!とぼろ糞に書かれたレビューが沢山ありました。おそらくこれが原因だと思います。そもそもこんなレビューをもらうこと自体避ける必要がありますが、考えようによってはフィードバックをもらっていると受け止めることができますね。

場所によっては、まだまだ登録しているカフェ自体が少ないので、ライバルが少ない時に始めて先行リードしましょう。